整理ポスト

no

整理ポスト

2010.03.05.

上場廃止が確定した銘柄が、この「整理ポスト」というコーナーに移される。

一定期間(通常は廃止決定後3ヶ月間)、このコーナに入れられた後、上場廃止となる。
整理ポストは、上場廃止になる銘柄があるということを、投資家に知らせる意味もある。

整理ポストに移されても、株の取引は可能。
ただし、新規の信用取引は不可となる。

上場廃止になったからといって、その企業が必ずしも業績の良くない企業と言うわけではない。
「敵対的買収」から逃れるために、MBOなどを実施して自ら上場廃止し、株式の非公開化をする企業もある。

たとえば2005年には、「ワールド」「ポッカ」という大企業が「非公開化」への道を選択した。
「究極の買収防衛策」ともいわれている。

「東京証券取引所」の監理・整理ポスト銘柄一覧

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

FX人気業者