信用取引

no

信用取引

2010.03.05.

信用取引とは、顧客が株の売買をする際に、証券会社から売買に必要なおカネ、または株を「借りて」取引をすること。
つまり簡単に言うと、顧客は下記の2点が可能となる。

1,おカネがなくても株を買うことができる。(カラ買い)
2,株を持っていなくても株を売ることができる。(カラ売り)

証券会社は顧客を「信用」して、おカネや株を貸すことになるので、「信用取引」という。

ただし顧客は、証券会社から信用を得るための担保として、「委託保証金」を預ける必要がある。
この委託保証金として預けた金額の、3倍までの売買ができる。

例えば、100万円を預ければ300万円までの取引が可能となるので、小さな元手で大きな取引ができるということ。

当然、借りたものは返さなければならない。
決済方法には、下記のような手段がある。

[カラ買いの決算]
・反対売買 → 所持していた株を売り、決済する。
・現引き → 代金を支払うことで、現物株を買い取る。
[カラ売りの決算]
・反対売買 → 売った株を買い戻し、決算する。
・現物渡し → 市場で現物の株を買い、その現物株を証券会社に引き渡すことで決算する。

この決算をしたのときの差益を、顧客は受け取ることができる。

しかし、思惑がはずれて損失を出すこともある。
預けた金額の3倍の取引ができるということは、通常の株取引より「リスク」も3倍であるということを肝に銘じておきたい。

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

FX人気業者