建玉

no

建玉

2010.03.05. 先物

建玉とは、先物取引における「売り(売り建て)」と「買い(買い建て)」の契約分のことをいう。

ここでいう契約分とは、「未決済」もしくは反対売買による「差金決済」が未完了のものを指す。

先物取引は、「一定の期日」、または「一定の期間内」に何らかの形で決済をする必要がある。
決済の方法は、下記の通り。

○受渡決済・・・売買代金および、現物の授受による決済。
○差金決済・・・反対売買による決済。

これらの方法で決済が完了する前の契約分を、「建玉」という。

※なお、反対売買とは・・・
「売り建て」をした投資対象を買い戻す。
「買い建て」をした投資対象を売る。
そして、その差額が「差益」または「差損」となる。

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

FX人気業者