加糖調製品

no

加糖調製品

2010.03.04. 商品

加糖調製品は、砂糖に変わる割安な代替材料として、近年需要を伸ばしている。

特に2005年は石油価格の値上げが著しく、その価格のしわ寄せとして原料粗糖の国際価格が高騰し、 砂糖の値上げへとつながっていると見られている。

ではなぜ、石油と砂糖の価格が関連しているのか。

高騰する石油の代替燃料として、さまざまなエネルギーへ関心が集まっているが、その中の一つとして、「エタノール」がある。

エタノールは砂糖を精製する段階で生産される」というのが、ポイント。

つまり、代替エネルギーとして今後需要が伸びるであろうと予測した投資家が、エタノールを買いに動く。

すると、エタノールは砂糖を精製する過程で発生するものなので、砂糖の価格も上がってくる、ということになる。

砂糖の価格が上がれば、その砂糖を使っている企業(お菓子メーカ)などは、その値上がりした価格を、どこかで吸収しなければならない。

しかし、菓子は価格競争が激しく、小売価格への転換が困難。商品に価格を転嫁させてしまえば、売上に大きく関わってくる。

というわけで、割安な代替材料である加糖調整品への関心が高まっている。

もっとも早く加糖調整品へのシフトが進みそうなものは、コンビニなどで1個百円前後で売られている商品。つまり、 薄利多売を狙っている商品。

加糖調整品は、主に中国韓国タイなどから輸入されている。

なお、国内砂糖と輸入調整品の価格差は、約1.6倍ほど。

輸入量も、04.10月から05.09の間に33万トンと、14年まえの4.2倍強に達した。

値段からしても、砂糖の割高感はぬぐえず、今後はよりいっそう調整品が普及するかもしれない

調製品の一例として、下記のものがあげられる。

・チョコなら => ココアパウダーと砂糖を混ぜた、ココア調整品。
・羊羹なら => トウモロコシ由来のソルビトールと砂糖を混ぜた、ソルビトール調整品
・大福もち、アンパンなら => 加糖あん

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

FX人気業者