先物取引

no

先物取引

2010.03.05. 先物, 商品

先物取引とは・・・

①ある商品を
②前もって取り決めた価格で
③将来の決められた期日(または、期間内)に

・・・決済(反対売買など)をするというもの。
取引は、商品取引所を通じて行われる。

「①」で決められた商品を決済するときに
「②」の価格と、決済する時点での商品価格との差額が「差益」または「差損」となる。
ただし、決済をする条件として、「③」の期日内に決済を完了させなければならない。
価格変動のリスクのヘッジや、資産運用として活用されている。
[かんたんな取引の例]
・10/1 現在コーヒー生豆が、500円という価格で売買されている。
・10/1 A氏が、11/1に「コーヒー生豆を700円で買う」という先物取引を行う。
・10/20 ハリケーンが発生し、中米(特に、メキシコやグアテマラ)に向かう。
・天候悪化の影響で作柄悪化の不安が増し、コーヒー生豆の価格が高騰。
・11/1 A氏は1000円でコーヒー生豆を売る。
・A氏は、300円の差益となる。

[日本の主な先物取引の種類]
○為替の先物取引
○金融商品の先物取引
○一次産品などを対象とした先物取引
○株価指数などを対象とした先物取引

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

FX人気業者