無担保コール

no

無担保コール

2010.03.03. マーケット, 金利

インターバンク市場のひとつで、金融機関同士でやりとりされる担保の必要ない資金取引のこと

1985年7月に始まった。有担保コール市場に参加しづらい外国銀行が資金調達の場として利用するケースが多かった。
しかし、1988年11月の新金融調節以降は都市銀行などにも解放され、市場規模が急速に拡大。
1990年7月には月中平均残高で、初めて有担保コールを上回った。

取引の期間は、翌日物から1年ものまでがある。
特に「翌日物金利」は2001年3月の量的緩和政策導入以前は日銀の金融調節による誘導対象だったこともあり、金利自由化により公定歩合に匹敵する重みを持つに至ってる
[出典:経済新語辞典 – 日本経済新聞社]

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

FX人気業者